ページトップへ戻る

第85回 夢の実現へ!(増築部分が完成しました)

現在大幅なリニューアル中の当医院ですが、昨日増築部分が完成しました。そして建築業者より引渡しが行われました。

実は、まだ全工事エリアの3分の1でしかありませんが、2007年度から、出入り口が道路からすぐの場所に変更になり、使用可能となります。

玄関、待合室、受付、洗面所の変貌の他、ブラッシングコーナー、キッズルームが新設されます。
くつろぎの空間をイメージし、ゆったりとした落ち着ける色調としました。
新しくなる当医院へのご来院をスタッフ一同心からお待ちしております。
1-28
1c2
3-22
こちらが受付周辺になります。
今までのカジュアルなイメージを一新しました。スタッフ曰く、”ショットバー”のようだとのこと。
イメージ通りの仕上がりに私的には大満足です。

当医院の場合、お口の健康に対して意識の高い方が非常に多いです。
受付もさることながら、待合室も時間を忘れさせてくれる座り心地の良いソファーを設置しました。10人以上お待ち頂けるスペースも確保しています。

”治療後に、ゆっくり休憩してから帰宅する”そんな気分にさせる空間をイメージしています。


5a10
4-22
2階部分は、”オペ関連”のスペースをゆったりと配置しました。
”インプラント専用のオペ室”は、十分な床スペースを確保し、完全な無菌的なゾーンとするために、2箇所ある出入り口は、”タッチレスの自動ドア”としました。清潔不潔への妥協は一切ない最もこだわった点です。


また、無影灯(オペ専用の照明)はもちろんのこと、ビデオアーム、マイクロサージェリー用のアームを設置し、ライブオペを常時行える体制としています。
医院内のどの部屋、どのモニターからでもリアルタイムでオペの映像を観ることが可能です。
オペ室入り口の壁は、全面ガラスとし、付き添いの方や見学に来られた歯科医の方への配慮もしています。
オペに携わる全てのスタッフ、そしてもちろん患者さんにとって、最もストレスのかからない環境を整えました。

2007年度から第2次増築及び改築工事に突入します。新設の診療台及び”歯科用CT”の設置と既存の診療台を全て入れ替えます。
進展具合の続報を、折に触れてお伝えするつもりです。

まだまだ発展途上の当医院です。工事中は多大なご迷惑をおかけすると思いますがお許し下さい。
完成の暁には、異次元の診療空間、診療体制、そして治療プランを提案できると確信しております。

当医院が提供できること、患者さんが提供されるべきこと、そして私自身の夢の実現へ、一歩一歩近づいていると実感している今日この頃です。