ページトップへ戻る

第84回 東京でミーティング

昨日は、東京までの日帰りであった。朝一の新幹線(岡山6:00発)に乗り、最終に近い便で帰路に着いた。
振り返れば、今月だけでも3度東京に行き、大阪に2回、名古屋にも1回行った。明後日も東京に行く。もちろん、全て仕事がらみである。

サラリーマンでいえば出張にあたるわけで、交通費+昼食代はもちろん会社が負担してくれるが、私のような自営業の場合は全て自腹である。
収穫の多いセミナー、講演でなければ、遠方まで出かけて参加するはずもないし、行った甲斐がなくなる。

そんな中、昨日は本当に有意義な一日であった。
インプラント治療に関して、”日本を代表するエース級の講師の面々”とのミーティングであった。

誰もが認める大御所のK先生を座長に、日本で最もインプラントを多く埋入しているであろうO先生、骨移植の第一人者であるS先生、九州では一番有名なN先生、インプラント学会指導医のO先生など7人の濃いーい方々
の話を聞けた。よくあるメーカー主導の営業トークの多い違和感の残るセミナーとは違い、グローバルスタンダードに乗っ取った非常に質の高いコンテンツであった。

また、懇親会でもたくさんのアドバイス、エネルギーを頂いた。当医院が進むべきインプラント治療の方向性のヒントもたくさん拝聴、提案して頂いた。今日からの診療に即活かさせて頂きます。
1-125
2-127
安全、安心はもちろんのこと、長期的な予後安定を考えた低浸襲のインプラント治療をどのように行うか?提案できるか?まだまだ勉強しなければいけないこと、習得しなければいけないことが山のようにあると実感した一日でした。