ページトップへ戻る

第47回 いざ”セブ”へ!

当医院は、明日(8月14日)から5日間の夏休みに突入します。世間一般のお盆休みと言われる時期をあえて若干ずらしました。

スタッフが旅行などで余暇を楽しむ場合に、少しでも人込みを避けれるのではないか、といった思いがあってのことである。

私はというと、明日早朝より、4泊5日の日程でフィリピンの”セブ島周辺のダイブ・クルーズ”に参加することにしています。目的は、”ひと時のスローライフの満喫と心身の充電”である。

セブ島周辺は、世界屈指のダイビングポイントが多数点在しており、保護区域では、手付かずの水中景観を存分に楽しめることは間違いない場所です。
 観光客は訪れない場所であり、ダイバーの特権であるポイントを巡ることになっています。最近”ジンベエザメ”との遭遇情報も多数あり、密かに期待しています。
帰国後、このページで心癒される水中写真がアップできれば、と思っています。

20人足らずの仲間とともにダイビングをし、後は一日中サンデッキでのんびり過ごす。南国の船上で24時間生活をともにする。旧友との再会、新しい友人もできるはずです。心身ともにリラックスできます。たくさんの充電ができれば、と思っています。

いつものことだが、何が大変かと言えば、荷物です。25㎏を超えるダイビング機材と約10㎏に及ぶカメラ機材を持ち歩かないといけないことです。
 行き帰りが大変です。セブ島周辺は悪質なポーターも多いので、自分の荷物から離れるわけには行きません。

水中に魅せられて15年を過ぎました。この5日間は、有り余る時間があります。

”次のステップへ自身を向上させるために具体的に何をすべきか?”じっくり考えてみたいと思っています。


sebu1a
sebu1
sebu2