ページトップへ戻る

第25回 GWが終わりました・・・。

皆さん、GWはどのように過ごしましたか?
旅行した方、帰省した方、家でのんびりした方、さまざまだったと思います。
私はといえば、実兄が子供をつれて岡山に帰省したので、何回か近場の遊び場へ連れて行きました。

が、大半は、溜まった写真の整理、依頼されている講演のスライド作り等に追われました。おかげで、500枚ほどのスライドができました。何とか目途がたってホットしているというのが正直な感想です。

話が全然変わりますが、当HPは、”掲示板”を設置したり、”メルマガ”を発信するといった今ではメジャーになったアイテムを利用していません。
理由がいくつかあります。
 
”掲示板”は、俗語的にいえば、落書きのようなものです。不特定多数の人が見るのはわかっていて、歯科に関すること以外でもどんどん書き込まれます。正確な情報でないことも多く書き込まれます。歯科のHPで、その歯科医院に関係のない歯科以外の世間話を不特定多数の人に掲載、閲覧する意味があるのでしょうか?そして、見る人の大部分が興味本位です。
  
私は、”歯科に関することで同じように悩んでいる方と情報を共有し、解決の糸口となる情報を発信すること”に徹したいと常日頃思っています。「問い合わせ」という形で多くの方から相談や感想があります。同業者(歯科医)からの治療方針に関する相談も多々あります。私自身とても勉強になることばかりです。

”全国の悩める歯科医と情報交換したい”とも思っています。個人情報に触れる内容が大半ですので掲載はできませんが、私自身が臨床の場でぶつかる壁と同じたぐいの壁にぶつかっている歯科医は多いのです。解決策を一緒に模索していければ、と思っています。

”メルマガ”についてですが、何人かメルマガを発信してしている友人を知っていますが、一方通行になっている、というのが現状だそうです。何ヶ月か続けると、ほとんど受信者からの反応がなくなる、と言っていました。医療という特殊性を考えると、毎月発信する内容と、求めているニーズにギャップがあるのです。一律に同じ情報を発信しても、反応はほとんど皆無ではないでしょうか?

ネットを使えば、歯科に関する一般的な情報は、欲しい時、欲しいだけ手にいれることが可能な時代です。本当に知りたい情報というのは、一人一人違います。非効率ですが、個別に対応していくしかないのでは、と思っています。

今お話したのはあくまで私の考え方ですので、精力的に工夫したHPで尽力されている方もいることを付け加えておきます。
大阪の私の友人(歯科医)のHPはすばらしい!の一言につきます。またの機会に触れて見たいと思います。