ページトップへ戻る

第22回 PCが動かなくなった!

昨々日(4月23日)の夜、自宅のデスクトップ型のPCを起動しようとしたが、なかなか起動しない。やっと起動したと思ったら、どのソフトも全く動かない。再起動しても同じ現象だ!困った!月曜の朝までに編集しなければいけない患者さんのデータと作成途中の治療計画書が入っている。

原因を突き止めようと色々いじってみたがわからない。まずあり得ないが、マザーボードが壊れたか?ハードディスク自体の問題か?
すると、CPUが99%になっているのに気づいた。昨日までは普通に動いていたし、新しいソフトを入れて、負荷をかけてもいない。おかしすぎる。午前3時を回っていた。今日(4月24日)は福岡での研修に早朝から行くことになっている。睡眠時間が削られていくー。

しかたなく、別のノートPCで不具合の原因の検索をしようとYahooニュースを偶然開いたら、「ウイルスバスター」のパターンファイルの問題で大騒動になっていることを知った。私のPCは、XPのSP2で「ウイルスバスター」を使っている。まさに障害となるPCに該当するではないか!原因が判明したので対処はできたが、復旧したのは午前4時を過ぎていた。

たかが半日PCが動かなくなっただけで、結構パニックになっってしまった。情けない話だ。
PCのハードの勉強を自分でするには時間がないし、精通したエンジニアを雇うほどの余裕はない。

今回の障害の原因は、人為的なミスだそうだ。”短時間ではあったが、社会的な問題であるし、今後も起こりうる”、と識者は言っている。
そうか、薬害エイズみたいなものなのか?と思った。対策案を早急に出してもらいたい、と思ったのは私だけではないであろう。