ページトップへ戻る

歯科用CTについて

歯科用CTについて

「CT」とは、“Computed Tomography”の略で、コンピューターを駆使して、人体の輪切り(断面)写真を
撮影できる機器です。
そして、現在では、データ処理と画像再構成をすることによって、立体の情報も得ることができ、
診断機器としては、最も優れた医療機器といえます。
石井歯科 歯科用CT
1)「歯科用CT」と「医科用CT」の違いは?
●X線照射量が「医科用CT」の約1/10で、被爆量が非常に少ない
●3つのモードにより、超高解像度画像から広範囲撮影まで選択可能「医科用CT」の
 5倍の情報量を得ることが可能です。
●座位での短時間撮影(10秒)のため、モーションアーチファクト(動いて画像が乱れる)がない
●「医科用CT」に比べ、金属アーチファクト(金属冠周囲が読影不能)が格段に少ない
●超高画質である
●3D画像処理が秒単位で可能
●診断的価値の高い「歯科用CT専用ソフト」の標準装備
短時間撮影(セッティングから撮影まで約10分)
石井歯科 医科用CTとの違い
※当医院に設置されていますのは、KaVo Dental System の“eXam” は、信頼性、性能ともに、最高峰に位置する「歯科用CT」です。岡山県の一般開業医では当医院に1台のみの導入実績です。

2)「歯科用CT」を院内に設置するメリットは?
●正確な診断と安全確実な治療が行えます
●検査結果や術後の評価が瞬時にその場でわかります。
●提携病院へ行く手間が省ける
●院外撮影に比べると、費用が半分以下で済む
●あらゆる歯科治療へCT診断を行い、立体画像で患者さんへ説明できるため、
 強力なインフォムドコンセントツールとなり、安心、納得の治療が行える。
石井歯科  歯科用CT
3)「歯科用CT」の必要性と有効性
全ての歯科医が認める最強の診断機器である。CT画像により、顎の骨の立体的な形態や、
神経の位置把握、骨密度の診査にも利用できます。
以下のような場面でCTは、有効活用されます。

インプラントの術前検査、埋入いちの確認、術中、術後評価
矯正治療(CB MercuRay のFモードでのみ可能)
●親知らずなどの埋まっている歯牙の位置確認
●歯周病の診断
●抜歯が必要な歯牙かどうかを判断するための3次元的な診査ができる

CT導入により、今まで以上に精密な診断が可能になりました。
より良い治療ができる環境が整ったことにより、当クリニックの治療が変わることは間違いありません。
そして、将来の治療法への可能性も広がったことにより、CT画像が、アンチエイジングや再生医療に
益々重要な役割を果たすと考えられます。